• HOTPEPPER Beauty
  • Instagram
  • LINE

News&Event

美容室で着付けをするなら知っておこう!着付けに必要な持ち物について

  • 2022.06.20

子供の七五三や成人式、卒業式などでは着物を着ていくことが多いと思いますが、着物を着る機会はほとんどないため着付けのために何を用意すればよいのかと言った質問がよくあります。

ここでは、そんな方のために着付けに必要なアイテムをご紹介します。

 

・ 振袖の場合

振袖を着付けする場合は、着物の他に「帯」「襟の付いた長襦袢と肌襦袢」「裾よけ」「組みひも」「帯上げ」

「袋帯」「重ね襟」が必要です。

また、やせ型の女性には綺麗に着付けができるようにタオルを使用することがあるので、タオルを数枚持って行くとよいでしょう。

他には着物に合わせた草履や着物用バッグ、足袋も忘れないようにしてください。

 

・ 浴衣の場合

浴衣の場合は着物に比べると用意するものが少なくなり、肌着は必要ですが長襦袢ではなく普段身に付けているものでかまいません。

必要なものは「帯」「組みひも」「帯締め」「着物用ベルト」「タオル」等で、浴衣に合わせた可愛い扇子もおすすめです。

 

・ 子供用の着物

子供用の着物も「長襦袢」や「帯」「帯板」「帯上げ」「腰紐」があり、大人と同じように足袋や草履、着物用バッグも必要です。

 

美容室Marchinでは成人式や卒業式、お子様の七五三の着付けからヘアメイクまで対応しておりますので是非ご利用ください。